バルトレックス(Valtrex)500mg

バルトレックスは、バラシクロビルを有効成分とする、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス水ぼうそうなどの原因となるヘルペスウイルスの増殖を抑制する薬です。

吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いると、より効果的です。


Glaxosmithkline(グラクソスミスクライン)のバルトレックスは、 単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス水ぼうそうなどの原因となっているヘルペスウイルスの増殖を抑制する働きがある薬です。

バルトレックスの成分であるバラシクロビルは、ウイルスが感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止及び、複製を阻害します。吸収効率が高く、副作用が少ないことが特長で、ウイルスの少ない発症初期に用いると、より効果的といわれています。

ヘルペスの治療薬としてはゾビラックス(アクシロビル)がありますが、バルトレックスはそのプロドラッグにあたる薬のため、第2世代抗ウイルス薬といわれています。

効果
単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスの再発抑制

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
用法
【成人】
単純疱疹:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回経口投与する。

造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。

帯状疱疹
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mg(500mg錠2錠、1000mg錠1錠)を1日3回経口投与する。

水痘:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mg(500mg錠2錠、1000mg錠1錠)を1日3回経口投与する。

性器ヘルペスの再発抑制:
通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日1回経口投与する。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回経口投与する。

【小児】
単純疱疹:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回経口投与する。

造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。

帯状疱疹
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mg(500mg錠2錠、1000mg錠1錠)を1日3回経口投与する。

水痘:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mg(500mg錠2錠、1000mg錠1錠)を1日3回経口投与する。

性器ヘルペスの再発抑制:
通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日1回経口投与する。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)にはバラシクロビルとして1回500mg(500mg錠1錠、1000mg錠0.5錠)を1日2回経口投与する。

※本剤は苦みを防ぐため、錠剤にコーティングを施しておりますので、錠剤をつぶすことなく服用してください。当社サイトでは、500mg錠・1000mg錠の取扱いをしております。1回500mgを服用する場合は、500mg錠をご利用ください。
注意事項
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。
子供の手の届かないところに保管してください。
室温で保管してください。
本剤は主薬の苦みを防ぐため、コーティングを施しているので、錠剤をつぶすことなく服用してください。
性器ヘルペスの再発抑制に対する本剤の投与により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められています。ただし、本剤投与中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用等が推奨されます。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分あるいはアシクロビルに対し過敏症の既往歴のある方
副作用
アナフィラキシーショックアナフィラキシー(呼吸困難、血管浮腫等)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、急性膵炎

肝機能検査値の上昇、嘔気、嘔吐、腹部不快感、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下、腎障害、排尿困難、尿閉などの症状が現れる場合があります。

発疹、蕁麻疹、瘙痒、光線過敏症、その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
成分
Valtrex 1000mg
Valaciclovir 1000mg
バラシクロビル 1000mg

Valtrex 500mg
Valaciclovir 500mg
バラシクロビル 500mg
商品別名(日本名)
バラシクロビル(持田製薬販売、セオリアファーマ、ケミックス、大興製薬、エルメッドエーザイ、日本ジェネリック、小林化工、日本薬品工業、ニプロ、ポーラファルマ、陽進堂わかもと製薬、アスペンジャパン、共和薬品工業、岩城製薬、共創未来ファーマ、日本ケミファ佐藤製薬沢井製薬、鶴原製薬、武田テバファーマ、東和薬品ファイザー、三和化学研究所、日医工、MeijiSeikaファルマ、キョーリンリメディオ、シオノケミカル、辰巳化学、富士フイルムファーマ、東洋カプセル、第一三共エスファ、富士製薬工業、アスペンジャパン)、バルトレックス(グラクソ・スミスクライン


バルトレックス(Valtrex)500mg