フォシーガ(Forziga)10mg

有効成分のダパグリフロジンを含有した選択的SGLT2阻害剤(糖尿病治療剤)です。


血液中の過剰なブドウ糖を尿中に排出させることで、血糖値を降下させます。


効果
2型糖尿病1型糖尿病

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
用法
2型糖尿病
通常、成人にはダパグリフロジンとして5mg(0.5錠)を1日1回経口投与する。
なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら10mg(1錠)1日1回に増量することができる。

1型糖尿病
インスリン製剤との併用において、通常、成人にはダパグリフロジンとして5mg(0.5錠)を1日1回経口投与する。
なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら10mg(1錠)1日1回に増量することができる。

注意事項
本剤はインスリン製剤の代替薬ではありません。1型糖尿病において本剤を使用する場合は、インスリン製剤の投与を中止しないでください。またインスリン製剤の併用にあたっては、低血糖がおこりやすくなるため、医師の判断でインスリン製剤の使用量が減らされることがあります。

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いとき(半日未満)は忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

肝臓、腎臓、甲状腺疾患などがあれば、医師・薬剤師にご申告ください。
低血糖が起こることがあります。
尿路感染、性器感染のあるときは、医師・薬剤師にご相談ください。
多尿・頻尿のあるときは、医師・薬剤師にご相談ください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
本剤服用中も必ず食事療法、運動療法を守るように心がけてください。
血糖、尿糖、腎機能などを定期的に検査してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の方
重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
副作用
性器感染(腟カンジダ症等)、尿路感染(膀胱炎等)、便秘、口渇、発疹、頻尿、尿量増加、陰部そう痒症

低血糖腎盂腎炎、外陰部及び会陰部の壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)、敗血症、脱水、ケトアシドーシスなどの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
成分
Dapagliflozin 10mg

ダパグリフロジン 10mg
商品別名(日本名)
フォシーガ(アストラゼネカ



フォシーガ(Forziga)10mg